クマわな設置を要請 痕跡の確認続く 丹波市氷上町鴨内

ツキノワグマの痕跡が相次いで見つかっている丹波市氷上町鴨内で、 12月9日までに新たに3カ所のカキがクマによって食べられているのが見つかり、 計5カ所になった。

川と県道で隔てた集落の南北にまたがっており、 最初の痕跡が見つかってから20日近くたっても出没が続いていると見られることから、 同自治会は9日、 丹波市にクマの捕獲を要請するとともに、 住民に残ったかきをもぐよう放送で呼び掛けた。


続き 丹波新聞 2013年12月12日

写真・赤い円がクマがよじ登った際に折れたと見られるカキの枝。 先端まで登ろうとしたことが伺える=氷上町鴨内で