私の人生を変えたミートボール事件

その日は長女の3回目の誕生日でした。
 当時の私は絵に描いたようなモーレツサラリーマン。午前様が当たり前で、家で食事を
することもめったになく、

だからこそ娘の誕生日ぐらいは日頃の埋め合わせをしなければ
と、仕事を早々と切り上げて帰宅しました。
食卓には妻が用意したご馳走が、所狭しと並んでいます。
そのなかに、ミートボールの皿がありました。
可愛らしいミッキーマウスの楊枝がささったそれを、何気なく口に放り込んだ瞬間、私は凍りつきました。
それはほかならぬ、私か開発したミートボールだったのです。
私は純品の添加物ならほぼすべて、食品に混じりこんでいるものでも100種類ほどの添加物を、舌で見分けることができます。いわば「添加物の味きき」「添加物のソムリエ」と言ったところでしょうか(ただ、ワインのソムリエと違い、あんまりなりたいという人はいないでしょうが……)。
コンビニの弁当などを食べるときも、
「このハムはちょっと『リン酸塩』が強すぎるな」
「どうしてこんなに『グリシン』を使わなくてはいけないんだ」
などと、ついつい「採点」をしてしまうくらいです。
そのミートボールは、たしかに私か投入した「化学調味料」「結着剤」「乳化剤」の味がしました。
「これどうした? 買ったのか? ××のものか? 袋見せて」
慌てて訊くと、妻はこともなげに「ええ、そうよ。××食品のよ」と答え、袋を出してきました。
間違いありません。自分の開発した商品でありながら、うかつにもミッキーマウスの楊枝と、妻がひと手間かけてからめたソースのために、一見わからなかったのです。
「このミートボール、安いし、○○(娘の名前)が好きだからよく買うのよ。これを出すと子どもたち、取り合いになるのよ」
見れば娘も息子たちも、実においしそうにそのミートボールを頬張っています。
「ちょ、ちょ、ちょっと、持て待て!」
私は慌ててミートボールの皿を両手で覆いました。父親の慌てぶりに家族は皆きょとんとしていました。

出典:『食品の裏側』みんな大好きな食品添加物 安倍司 東洋経済(2001年 初版) 

コメント:ベストセラーにしてロングセラー。安倍さんは、この“事件”をきっかけに改心・退職して講演に走り回るようになりました。深刻なテーマを、実験を交えながらおもしろく話すので全国から引っ張りだこ、先々週、丹波市にも講演に来られていました。残念ながら行けませんでしたが。