丹波発:観測史上最大669ミリ(9月) 99年災害時を超える 

丹波市柏原町母坪・月降水量
 大型の台風18号の接近で、 9月15、 16日の両日に強い雨が降った丹波市 (柏原町母坪、 気象庁アメダス) の月降水量が観測史上最大の669ミリとなった。

まだ月半ば。 頻発する大雨に、 農作物被害、 道路の通行止めや電車の運休など、 市民生活が混乱する事態が続いている。
15日の 「日降水量」 (午前零時からの24時間) 159ミリは、 観測史上5位。 記録ずくめの豪雨だった今月2日は190ミリ (史上3位) と、 わずか2週間に記録的な大雨が続いている。 15日時点で595・5ミリと記録を更新。 16日にも73・5ミリ降った。
これまでの月降水量の記録は、 1999年9月の543ミリ。 丹波年輪の里裏の堤防が決壊するなど、 約100戸が床上浸水被害にあった月だった。
柏原町母坪の 「24時間雨量」 は、 220・5ミリ (15―16日午後零時10分。 アメダスレーダー)。

写真・勢いを増した水の流れで、長さ約100メートルにわたってえぐられた竹田川の堤防=丹波市市島町で

丹波新聞より 2013年09月19日
 

コメント:全国各地で災害が起こったが、丹波では避難勧告が出た地域もあったが、数時間で解除された。幸い我が家の近辺は避難勧告も出なかったが・・・丹波に移住した2004年の秋もすごかった。近くの山の池が決壊して地鳴りがした。それにしてもこの10年来、雨が降るとき一気に豪雨になることが多くなったなぁ・・・農作業もやりにくいし困ったものです。