生ゴミと地元の野菜を交換しよう!ニューヨーク発

デザイン学校の学生が提案する地産地消計画「Hello
毎日の生活で出る食べ物の生ごみ。普通は当然のように捨ててしまいますが、それを地元の新鮮な野菜や果物と交換できるとしたら?

そんな画期的なサービス「Hello Compost」がニューヨークで始まり、都市型の新しい地産地消モデルとして注目を集めています。
この「Hello Compost」は、ニューヨークのデザイン学校に通う学生2人によって始められたプロジェクトです。
ニューヨークで埋め立てられる廃棄物の約35%を占めるのが、食べかすや食べ残しといった生ごみ。ただやみくもにごみの減量やリサイクルを訴えても、忙しいニューヨーカーの家庭を巻き込むことはなかなか難しいもの。
そこで彼らは、リサイクルのプロセス自体をデザインすることにしました。
こちらが、このプロジェクトに参加すると配布されるごみ袋。飾り気のない黒や透明のビニール袋ではなく、普通のバッグとしても使えそうなおしゃれな見た目ですが、注目すべきなのは外見だけではありません。
なんとこの袋は、中に入れた生ごみの臭いを抑えてくれるだけでなく、袋ごと冷凍することもできるのです。これなら、生ごみを捨てずにおいておくことへの抵抗は小さくなりますね。

続き Issue 食と農