海の破局 ― 太平洋の魚の放射能汚染が止まらない

太平洋の海洋生物に続々と異変が-日本だけが「われ関せず」
ガレイドスクープKaleidoscope(信じられないけれど現実に起こっている世界へ)より


マグロ、サケ、ニシン、アザラシ、シロクマ…。
おそらく誰かが報道管制をしいているのでしょう。日本のメディアでは、ほとんど報道されない海洋生物の異変。
太平洋の生物濃縮が私たちの食卓を、いっそう貧しいものにしようとしています。
しかし、これは、まだ序章に過ぎません。

太平洋の海洋生物に続々と異変が-日本だけが「われ関せず」

太平洋のクロマグロ(本マグロ)からセシウムが検出。
北米のベニザケが極度に減少。
ニシンの原因不明の大量出血。
アザラシ、アシカの大量死。
北極圏のシロクマにまで異変。

もうげっぷが出そうなほど、満腹です。

福島の放射能は北米西海岸でマグロ、サケ、ニシンを汚染しているのだろうか
Is Fukushima Radiation Contaminating Tuna, Salmon and Herring On the West Coast of North America?
(WashingtonsBlog 2013年8月26日)

1年以上前に、カリフォルニアの沖合で捕れた15尾のクロマグロ(本マグロ)を検査したところ、15尾すべてが福島第一原発由来のセシウムに汚染されていることがわかりました。

ウォールストリートジャーナル 2012年5月29日
「マグロは、それを包んで、世界最大の海を越えて運んできたのです」と、スタンフォード大学の海洋生態学者、ダニエル・マディガン(研究チームを率いている)が言った。
「当然、それには驚いたのですが、さらに計測してみたところ、全部にそれがあったので、さらに驚きました」。
「マグロを検査したところ、そのすべてにセシウム134およびセシウム137が、比較可能なレベルまで集っていることが分かったのです」と、海洋生物学者、ニコラス・フィッシャーが、ニューヨーク州のストーニー・ブルック大学(研究会チームの一員)で述べた。

クロマグロは回遊魚(下)なので、一年のうち、日本と北米の間を行ったり来たりして泳いでいます。
しかし、他の種類の魚はどうでしょう?

例えば、ベニザケ(紅鮭)などは、日本からアラスカ、カナダ、ワシントン州(西海岸)、オレゴン州(西海岸)への広い海域にまたがって、広く分布しています。

AP通信は、カナダの西海岸、ブリティッシュ・コロンビア州の科学者たちと年配者(土地に長く住んでいる)たちが、ここのところ、急激にサケの数が減ったと言っていると報じています。

AP通信の抜粋
先月、カナダ漁業海洋省は、スキーナ川を遡上してくるサケが悲惨な状態になっていると話しました。
ブリティッシュ・コロンビア州の北岸エリア管理者であるメル・コティーク氏によれば、なぜ遡上してくるサケの数が、それほど減ってしまったのか、省の科学者たちも原因がわからないと言っているとのこと。
「サケは、いったん海に出て、そこで力をつけ、健康的になり、数も増えるのに、そうでないのは、海で何かが起こっているに違いないのです」とコティーク氏。
「ここ数年、こんな状況は見たことがありません。
この土地に長く住んでいる年長者たちにも訊いてみましたが、彼らも同じように答えています」と、州の北岸エリア担当のチーフ、ウィルフ・アダム氏は言う。
カナダのバンクーバーニュース1130によれば、アラスカとロシアのサケの価格が同時に暴落したということです。

バンクーバーニュース1130の抜粋
スキーナ川を北上してくるサケは少なくなった。
また、アラスカのブリストル湾での水揚げ高は、去年の30~35%減となった。
ロシアの市場ではサケは限られたものになった。ロシアのすべてのサケ漁師は漁獲高が40%も減った。
ロシアの東海岸は日本側の海にー面しており、韓国より近いのです。

(※管理人:ロシアの魚市場で、サケの姿を見ることは少なくなった。では日本海も壊滅的に汚染されている? さて、どうでしょうか。そういう視点で読み進めてください)

続き
ガレイドスクープ
Kaleidoscope 信じられないけれど現実に起こっている世界へ
 
情報提供:芦田徳幸さんのFB