遺伝子組み換え小麦の来襲  ( 岡本よりたかさんのFBより)

「遺伝子組み換え食品なんかいらない」でも投稿したのですが、今、アメリカ、カナダ、オーストラリア、あるいはおそらく中国などでも、遺伝子組み換え小麦の開発合戦が行われています。

元々、モンサント社が遺伝子組み換え小麦を開発したのは、かなり昔で、2005年には、多くの反対にあったために開発を中止しました。しかし、干ばつにより小麦の収量が激減するという事態が起きたために、干ばつ耐性の遺伝子組み換え小麦の開発が、再び開始されています。...

小麦というのは、基本タンパク質を食べる物ですから、現状の日本の規制では、当然、表示義務の対象となります。そのため、パンやうどん、ラーメンに遺伝子組み換え小麦を使えば、「遺伝子組み換え小麦使用」と書かれることになるでしょう。

しかし、それはあくまでもスーパーやコンビニで購入する、袋詰めのパンやうどん、ラーメンの場合です。街のパン屋でパンを買うとき、ラーメン屋でラーメンを食べる時、うどん屋でうどんを食べる時には、その表示は免除されます。

何故なら、外食産業は、そもそも原材料表示が免除されているからです。また店頭で梱包されるパンも同様に、原材料表示義務はありません。

アレルギー表示としての義務はあるかもしれませんが、それはあくまでも「小麦」と書かれるだけで、遺伝子組み換えの判断材料にはなりません。

当初は家畜の飼料として入ってくるでしょうが、主食である小麦に遺伝子組み換え小麦が使われるようになれば、避けるのはかなり難しくなります。

うちが小麦栽培を決めた最大の理由はこれです。遺伝子組み換え小麦が蔓延した時に、本当に安心できる小麦のパンを守るためです。隣の小麦が遺伝子組み換えのなる可能性はありますが、小麦は自家受粉ですので、交雑は起きにくいでしょう。

とにかく、声を上げる事を続けます。そして、安心できる小麦作りを進めたいと思います。

「西オーストラリア州、遺伝子組み換え小麦を開発中=農業相」
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323480904579026113707893326.html

「遺伝子組み換え食品なんかいらない」
https://www.facebook.com/groups/non.gmo.jp/

岡本よりたかさんのFB