種に込められた命の未来 【ジャパンローカルフード協会】FBより

この写真、何かわかりますか?
(答えは最後に載せますね)
映画『よみがえりのレシピ』を見てから、前から気になっていた在来種をもっともっと知りたい今日この頃です。

偶然にも吉祥寺で夏の種市というイベントがあるらしいと知り、訪れてみました。

生産者と話をしながら、彼らの農への愛情を感じ、また、ピカピカに光る野菜達をどれもこれも買って帰りたい、そんな思いをいだきました。
気になったものをいくつか選んで購入し、シンプルに調理していただくと、少し苦みがあったり、土の香りがあったり…しかし、決して嫌な苦みや香りではなく、とても懐かしく個性のある味。

ふと、思いました。

お店で買う野菜って、いつから淡白で、どれを買っても大差ない味になったのだろう?

農作物が悲しいほど安値で売られる時代です。一般的な農業で生計を立てるなら、個性のある品種よりも一般受けし、収量や育てやすさなどを重視せざるを得な いだろう、その結果、似たり寄ったりな作物が店頭にならんでいるということは想像に難くありません。いわんや自家採種をや。手間や労力を考えたら継続し て、採算をとるのは本当に大変なことだと思います。

種市に並んだ野菜達を見ていて、在来種に刻まれた生命の歴史、パワーに触れた気がします。非科学的かもしれませんが、蒔いてから採種するまで、それを延々 と繰り返す。手間のかかる作業を丁寧に行うこと、次世代につないでいきたいという想いに数字では測れないエネルギーを感じるのです。

子育てにも通じるものがあるように思いませんか?
全て全てに成功して無難にリスクもなく育てるのが良い子育てのような雰囲気になっていますが、失敗してもうまく行かないことがあっても、あなたなら大丈夫、次につないでいこうと根気よく丁寧に向き合う。そんな子育てが私の理想です。

※写真の答えは、人参の種でした! ほぐして撒くのだそうです。プランターなどで育てられる在来種プロジェクトもあるそうなので、皆さんも始めてみませんか?

***
公認ライター 掛飛(かけひ)まどか
フリーライター、キッズキッチンインストラクター
母親と主婦は永遠に修行中。
http://www.facebook.com/kakehimadoka

キッズキッチンエンジェル広島FBページ
http://www.facebook.com/kids.kitchen.angel


料理には社会を変える力があります! 【ジャパンローカルフード協会】FB
 

※コメント  盛大な拍手を! まどかさんのような女性が増えないと日本の農業は壊滅するね。なんてったって女性は大地の力なんだから!