米国のミツバチコロニーに異状:約1/3が毎年死滅

米国では昨冬、商用ミツバチコロニーの1/3近くが死滅または消滅した。調査が開始された2006年から一貫して見られる現象であり、農作物の栽培に影響が出てきている。ネオニコチノイド系農薬など、さまざまな原因説を紹介。

昨冬、米国では商用ミツバチコロニーの1/3近くが死滅または消滅した。ミツバチの激減は、農産物の栽培に悪影響を与える現象だ。

学術研究者、養蜂農家、米農務省(USDA)の科学者らのグループが5月7日(米国時間)に発表したところによると、2012年末から2013年初めにかけて、米国の養蜂農家はミツバチのコロニーの約31%を失った。これは自然原因による減少率の許容範囲のおよそ2倍にあたる。

養蜂農家の懸念を受けて、ミツバチの状況に関する全米規模の調査が初めて行われた2006年以降、同程度の減少率が続いている。2011~2012年期には減少率が22%に下がったため、いったん期待が高まったのだが、その期待も今回の数字で完全に消えてしまった。

「果物やナッツやベリーの栽培にとって、これは重要な問題だ」と今回の調査を率いたメリーランド大学のデニス・ファンエンゲルスドープは語る。「(米国で消費されるこうした農作物の)1/3で、直接的あるいは間接的に、ミツバチを使った受粉が行われている」

カリフォルニア州では今年3月、アーモンド受粉のためのミツバチが不足して、受粉代金が通常の2割増になったと報道された。

蜂群崩壊症候群(CCD)をコロニー減少の原因とする説明がある。CCDは、ミツバチが巣を放棄して姿を消す現象だ。2006年に初めて報告され、その後、ミツバチに起こっている異変現象に関して、一般に使われるようになった。

しかし、最近の調査で報告されているコロニー消失の大半は、実はCCDの特徴には合致していない。また、西ヨーロッパではCCDがあまり記録されていないにもかかわらず、ミツバチが劇的に減少している。

科学界が視線を注ぐ原因のうち、最も注目されているのはネオニコチノイドと総称される農薬だ。1990年代に開発されたネオニコチノイドは、有害性の調査が最小限のまま市場に投入され、その後、世界で最も使われている農薬になった。

この数年間で、ネオニコチノイドはミツバチに対する毒性が極めて高く、致死量未満の少量であっても、ミツバチが病気に対して弱くなることが明らかになった。ネオニコチノイドの使用は、最近EUで制限されたほか、米環境保護局も見直しを行っている。(WIREDより)

続き WIRED