篠山発:水色のカエル見つかる 篠山市南矢代・多田秀君が飼育

「シュレーゲルは県のレッドデータCランクに指定される希少種。 個体数がさほど多くない本種で、水色個体が発見されるのは大変珍しい」(大塚剛さん) 丹波新聞 2013年05月29日


篠山市南矢代の多田秀君 (8) が、 体の色が水色のシュレーゲルアオガエルを自宅で飼育している。 メスで体長は約5センチ。 多田君は 「黄緑色のカエルが水色だなんて不思議。 でもかわいい」 と目を細めている。
水色のカエルの発見者は、 多田君が通う近所のピアノ教室の講師の父親。 22日、 田んぼの中で見つけた。
多田君は、 同市藤坂の大塚剛二さん (71) が主宰する自然塾 「ごくらくとんぼ むしクラブ」 に熱心に通う、 近所でも有名な“生き物博士”だが、 シュレーゲルをきちんと飼うのは初めて。

続き 丹波新聞 2013年05月29日

写真・水色のシュレーゲルアオガエルを得意げに見せる多田秀君

【シュレーゲルアオガエル】アオガエル科。 本州、 四国、 九州とその周囲の島 (対馬は除く) に生息する日本固有種。 丹波地域での繁殖期は4―6月。 田んぼや池などの水際の土手に小さな横穴を掘り、 その中にメレンゲ状の卵塊を産み付ける。 名前は、 江戸時代にシーボルトが持ち帰った標本を研究したオランダの学者に由来する。(丹波新聞)