ターミネーター技術というものをご存知でしょうか。

その作物を育て、種を採って蒔いても、発芽を促す遺伝子がないので発芽しなくなる。ここにもモンサント社が・・・


    正確には、遺伝子利用制限技術(GURT)という遺伝子工学上の技術であり、具体的には遺伝子発現を調節する技術のことで
す。特定の遺伝形質の利用・拡散を制限するために考案されたもので、技術的には大変優れた近未来的な技術でもあります。

この技術の使い道は色々あります。簡単な例を一つ紹介しましょう。

例えば、種子にこの技術を用いたとします。すると、なんと発芽を促す遺伝子を子孫に受け継ぐことを制御できるようになります。つまりその作物を育て、種を採って蒔いても、発芽を促す遺伝子がありませんので発芽しなくなるのです。

続き 岡本よりたかさんのブログ