広島県発: 尾道市を代表する農産物である「レモン」

「地産地消ツアー ~生産量日本一のレモンを収穫してマーマレードを作ろう~ が行われました。

平成25年3月2日(土)、おのみちスローフードまちづくり推進協議会の主催で、「地産地消ツアー ~生産量日本一のレモンを収穫してマーマレードを作ろう~ が行われました。レモンを生産者のほ場で収穫し、マーマレードを作りました。
尾道市を代表する農産物である「レモン」をもっと知っていただきたいと考え、地産地消ツアーを実施しました。
参加者は尾道・向島からバスに乗り、瀬戸田のレモン生産者のほ場へ向かいました。ほ場では、生産者の方から、瀬戸田のレモンの話を聞いたり、収穫の仕方を教えてもらいました。レモンの良い香りに包まれた中で、レモンを収穫することができました。生産者の方にいろいろ教えていただき、参加者の方は、レモンについて新しい発見があったようです。
昼食後は、瀬戸田地区の保健推進員さんの指導により、レモンのマーマレードづくりを行いました。レモンの皮を剥いで切って、煮詰めて…と、保健推進員さんに作り方を聞きながら、がんばって作りました。おいしくできあがったようで、家でもマーマレードを作りたいという声を聞くことができました。
今回の地産地消ツアーをきっかけに、尾道のレモンをもっと身近に利用していただければと思っております。

おのみちスローフードまちづくり推進協議会の主催(農林水産課)