在来種に代わって増えた“江戸前”の貝 – ホンビノスガイ

「おっ、安いね。このハマグリ」
 直売所を訪れた観光客が、喜んで買っていく。だが、どう見てもハマグリとは違う貝。

「おっ、安いね。このハマグリ」
直売所を訪れた観光客が、喜んで買っていく。だが、どう見てもハマグリとは違う貝。見ればトロ箱についた札には「白ハマグリ 地物」の文字があった。東京湾で近年大発生しているホンビノスガイだ。
日本にやってきたのはごく最近のこと。1998年、千葉県の幕張人工海浜で発見されている。貨物船が空荷で帰るときに荷物の代わりにくみ上げるバラスト水に混じって幼生が運ばれたものらしく、現在では東京湾各地に分布を広げ、アサリよりも生息密度が高いほどになっている。原産地ではクラムチャウダーに使われているだけに味はいいから、アサリの代わりに新商品として水産品販売業者が飛びついたのも無理はない。
ホンビノスガイの名は、かつてvinus(ビーナス)属に分類されていたことから生まれたもの。漢字で書けば“本美乃主貝”だ。美の女神にちなんだ名前だが、現在では商品名“白ハマグリ”の方が幅をきかせている。
文・撮影/上田泰久 道草ネイチャーウォッチング

続きはこちら→ World JC 日本の外来生物ファイル