韓国発:「日韓農業交流大会」開催の提案

韓国で「日韓環境情報センター」を運営する田中博さんから、メールで相談&提案がありました。

関心のある方は、田中さんへ直接コンタクトしてください。(株)田舎元気本舗 平野。

BCCで失礼します。
ご無沙汰しています。韓国・南楊州在住の田中博@日韓環境情報センターです。

みなさんにご相談があり、メールを送らせていただきます。
タイトルにあるように、今年の10月1日から6日のあいだ、韓国の南楊州でアジア・オセアニア地区の<スローフード国際大会>が始めて行われます。
南楊州では一昨年に<世界有機農業大会>も行われるなど、ソウルの近郊であるにもかかわらず、農業とくに有機農業が盛んな自治体です。僕のブログをご覧ください。
田中博さんのブログ

じつは、この<スローフード国際大会>の行事の一部として、<日韓農業交流大会>といったものが開催できないか、いろいろ調べています。行政に予算を確保してもらうように、今週、面会の予定です。
規模としては、日韓あわせて50名から100名ぐらい、日本からの参加者は3泊4日で、2日目が会議(午前=全体会議、午後=分科会、夜=交流晩餐会)、3日目が<スローフード国際大会>や農家、関連施設の見学を考えています。(農家や関連施設についてもブログをごらんください)

行政の予算だけでなく、地域からの協賛金もたくさん集め(?)、日本からの参加者は飛行機代は自前ですが、会議参加費・滞在費を主催者側が一部負担して、参加しやすいようにしようと思っています。
また、これ1回だけでなく、韓国と日本で交互に開催できればいいなと考えています。
日本と韓国の間では<田んぼの生き物調査交流会>が継続して実施されていますが、農業でいうと<米つくり>中心で、野菜や果物、酪農などは入っていませんし、農村や農業を取り巻く社会的な問題などについても、正面から話をする時間はなかったように思います。そのような意味でも、日韓の農家や農業関係者が一堂に会して交流し討論して相互理解を深める場が必要だと思います。
参加したい、あるいは参加しそうな人を知っているという方は、ぜひ返事をください。
また、参加費はいくらぐらいなら妥当なのかも教えてください。(韓国生活が長いのでわからない!)
順調にいけば、4月中旬ぐらいからは本格的に準備に入ろうと思います。
ぜひ、みなさんのご協力をお願いします。

==========================================================
田中 博 (Tanaka Hiroshi 다나카 히로시 )
日韓環境情報センター /한일환경정보센터
( コーディネータ、エコガイド、日韓通訳翻訳/코디네터, 에코가이드、한일통번역)
PGA湿地生態研究所 客員研究員 / PGA습지생태연구소 객원연구원
ラムサールネットワーク日本 韓国事務局/람사르네트워크 제펜 한국사무국 
ホームページ:日韓環境情報センター http://jk-eco.jimdo.com/
ブログ  :韓国雑記帳(かんこくざっきちょう)http://blog.goo.ne.jp/kankoku_zakkicho