山形県発: やまがた里の暮らし大学校

3月31日、食と農のドキュメンタリー上映会。1回目上映「それでも種をまく」。


これからを生きるために知っておきたい食べもののことを食と農のドキュメンタリー映画を通して学ぼう♬という会です。

1回目上映「それでも種をまく」は、福島第一原発の事故と放射能汚染に直面した福島県などの有機農家は、どう対応したのかに迫り、未来を模索する百姓たちのドキュメンタリーです。

2回目上映「モンサントの不思議な食べもの」は、環境や人体に与える影響は未だ計り知れない<遺伝子組み換え作物>について。農業大国フランスで150万人が観た「食」、ひいては「いのち」をめぐるドキュメンタリーです。

詳しくは→やまがた里の暮らし大学校(お知らせ 2013.03.1)