一体、世界は・・・・?

大雨のあとは乾燥に直面 

一体、どうしたことでしょう。8月15日にアメリカから帰国して以来、一度も雨が降っていません。雨が多すぎたために明らかに調子の悪そうな野菜たちが、今度は乾燥に直面しています。唯一、あれだけ元気だった里芋がしおれだしてきました。たまたま、水路がすぐそばに通る畑なので、すぐに水をやりましたが、水の便の悪いところはほったらかしです。

すでに生えている野菜の水やりだけでも大変なのに、これから冬の野菜の種播きが始まるので憂うつです。いつもなら雨が降るのを見計らっての8月下旬の種播きですが、今は毎日水やりをして(1週間以上)、ここまで水やりをするのは初めてです(ニンジンとシュンギク)。しかも、しばらくは雨が降りそうにありません。うーん・・・、ホウレン草、小松菜、大根、小カブ、玉ねぎなど、種を播かなければならないのですが、水やりのことを考えるとくじけてしまいます。

今年はカボチャがけっこう獲れて、内心しみじみ喜んでいると、一つ、一つと、どんどん腐りだしてきました。収穫後のカボチャがこれだけ腐っていくのも初めてです。一体、世界はどうなっているのでしょうか。   (8月29日)