福井発: B級グルメ、ボルガライス 地産地消、食育の推進力に

オムライスに豚カツを載せた福井県越前市のB級グルメ「ボルガライス」が大手コンビニチェーンで全国発売されている。

2月4日までの期間限定だが、約6200もの店舗で扱われるという。ボルガライスの名称と味覚はさらに隅々まで届くはずだ。
ボルガライスは、越前市で30年以上も前から親しまれているご当地グルメだが、ロシアのボルガ川にからきているとする由来、発祥など諸説あって不明なところが多く、知名度も低かった。注目されるようになったのは、B級グルメブーム沸騰のなかで2010年、地元有志がファンクラブを立ち上げ、情報発信するようになってからだ。

中略
食育の祖とされる福井市出身の医師、石塚左玄にちなんだシンポジウムが先ごろ福井市で開催されたが、左玄は何よりも地産地消の重要性を説いている。(福井新聞 2013年1月28日午前6時42分)

詳しくはこちら→ 福井新聞(福井のニュース 論説)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/39620.html