Berangkat -世界中の地域を旅して学ぶ留学記

Sustainable City Design をテーマにイタリアに留学中。一転今はブラジルの州政府でインターンシップ。

世界の地域を旅しながら学ぶ大学院で、各地で出会った出来事を書き綴っていきます。

固有の文化を持つイタリアの街:食べもの編 Ⅰ

いかにもイタリアっぽいおじちゃんが持っているこのパン、
“コッピア フェラレーゼ”という名前の、私が住む街フェラーラtypicalのパンです。
カニみたいなパン。
レストラン/トラットリアで席につくと、まずパンとオリーブオイルが出てくるのですが
(これがまた美味しい!)、そんなときはこのカニパンの胴体が半分に割られて出てきます

続きはこちら http://yukiuchida.net/?p=1220

コメント:いいですねぇ。テーマは持続可能な都市設計ですか。建築科の学生らしいけど、食べること(食文化)にも関心をもっているのはたいへん結構なこと。すばらしい日本文化の再発見のためにも、若者はどんどん世界に出ていこう!