久留米市発:「地産地消店」スマホで検索

久留米市は、地元農産物の消費拡大を進めようと、「地産地消」に取り組む市内の店をスマートフォン(高機能携帯電話)で簡単に検索できる

アプリケーションソフトの開発を始めた。市がスマートフォンアプリを利用した市民サービスに乗り出すのは初めて。開発は久留米工業大が手がけ、4月以降、無料でダウンロードできるようにする。((2013年1月23日 読売新聞)より 

詳しくはこちら(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukuoka/news/20130122-OYT8T01549.htm

コメント:こういう時代ですねぇ。スマフォで検索したことはないが、丹波ではどうなんだろう?