丹波篠山発: まちづくりで知事賞 

 築150年の古民家を旅館として生まれ変わらせた住民たちと設計士、 工務店らが共同で受賞した。(丹波新聞 2013年01月10日)より

兵庫県がまちづくりに貢献した建築や活動団体を表彰する 「人間サイズのまちづくり賞」 で、 篠山市丸山地区で古民家を活用した民泊を営む 「集落丸山」 が最高賞の県知事賞に選ばれた。
築150年の古民家を旅館として生まれ変わらせた住民たちと設計士、 工務店らが共同で受賞した。 「再生」 をテーマにしながらも、 新たなまちづくりを 「誕生」 させ、 栄誉の賞を受けたことに関係者らは、 「いろんな人の支援でここまで来ることができた。 丸山のPRにもなるし、 他地域にとっても何かのヒントになれば」 と話している。
受賞したのは、 住民らでつくる事業主の有限責任事業組合・丸山プロジェクト、 設計者の才本建築事務所 (才本謙二社長)、 施工者の大西工務店 (大西義美社長)、 岡田工務店 (岡田常彦社長)、 森田建築 (森田新治代表)。

続きはこちら→丹波新聞
http://tanba.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=1479


写真・再生した古民家の中で県知事賞の受賞を喜ぶ関係者ら=篠山市丸山で