奄美のトラさんから年賀状

昨年7月、彫刻家・幻一さんの奄美ツアーに参加して、奄美の魅力とともに、初めて見た田中一村の絵にもしびれた。

そのレポート「奄美・夢の島を想う」を途中(No.5)で投げ出して気になっている。次は、奄美のゴーギャンとも言われる画家「田中一村」のことを書こうと思いながら、書けないからだ。
 何も知らずに立ち寄った田中一村の美術館では、思わず息を飲むような感動を受けた。ゴーギャンなんて比ではない(というより比較の対象にはならない)、しかし、いったいその感動は何だったのか、頭のなかで整理できないままに年を越してしまった。
そして今日、自称・奄美のトラさんこと花井恒三さんから返信年賀状。
「祝、奄美群島日本復帰60周年 2013年」との印刷文字に、手書きで、「今月、奄美の世界自然遺産暫定リスト登録です」とあった。
そうだ、今年が60周年なんだと思いだし、気になっている田中一村のことも。
また花井さんには、奄美の資料をたくさん送ってもらっていながら、そのお礼の返事もできていない。今年も奄美に行けるかどうかわからないけれど、いま一度、田中一村の絵をじっくり見たいし、奄美の食文化についても知りたい。
「NHKラジオ深夜便・日本列島くらしのたより」にリポーターとして出演すると、はがきに書いてあった。
1月29日(火)・3月11日(月)最終回 PM11:20~ 
100万人のリスナーがいて、中高年層には特に人気があるというこの番組は聴いたことがない。でも、トラさん出演とあっては、聴かないわけにはいかないなぁ。

イラスト:奄美のトラさん