埼玉発: 発芽大豆:関東の在来7種、都内で限定販売へ

在来大豆は少量な上に高値だが「地元に根づき、育ててきた人に愛されたもの。絶対に絶やしてはいけない」と大豆農家から買い取りを続ける


深谷市のもやし栽培業「飯塚商店」(飯塚雅俊社長)が20日、首都圏1都6県を産地とする発芽大豆7種類「彩り7(セブン)」を東京都内で限定販売する。各地域の在来大豆を探し集めた飯塚社長は、「海外産が大量輸入されている今こそ、地域で受け継がれてきた在来種の良さを広めるチャンス」と話している。
続きはこちら→ 毎日新聞 12月19日(水)12時28分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121219-00000081-mailo-l11