福島県産の「新米」から放射性セシウム

被災地で収穫された今年の新米の出荷が始まっている。放射能汚染に立ち向かい、「安全」を追求した人々が丹念に育てた実りの粒たちだ。しかし、残酷な現実がそこにあった。衝撃のデータを公開する。(週刊現代オンライン 2012.10.1 より)


田舎元気本舗 平野さま

南相馬の小澤です
10月16日 ほいっPo(歩一歩)プロジェクトが始動 (南相馬市「ひまわり農園」へようこそ) … をとりあげていただき、ありがとうございます。新しい取り組みを試みます。
お米に関して参考までに
『週刊現代オンライン』
「食卓に上る今年の福島県産の“新米”の中に、放射能に汚染された“高濃度汚染米”が紛れこむ恐れは避けられません」
続きはこちら  http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/article/121001/top_05_01.html