自然は、基本的に残酷です。

確か、カマキリは交尾を終ると、メスがオスを喰ってしまうとか。ヒエ~~、怖い。

先日、作業小屋の外に出て(出荷の日だったのです。あさ10じ頃まで収穫→その後、ずっと作業小屋で包んだりしています)伸びをしていると、「ん?」、目の先に何か動いています。近づいても「ん?」、目を凝らしてよく見ると、カマキリ(大)がカマキリ(小)を喰っています。確か、カマキリは交尾を終ると、メスがオスを喰ってしまうとか。ヒエ~~、怖い。
しかも、皆さん、カマキリが獲物を喰っているところを見かけたことはありますか。少しずつ、本当に、少しずつかじっていくのです。ヒヤ~~~、もっと怖い。
自然は、基本的に残酷です。これまで、ニワトリがかなり残酷かな、と思っていました。アリとナメクジ以外、動くもの全てを八つ裂きにして喰らうのです。しかし、今では、カマキリの方がより残酷かなぁ、と。生きたまま、少しずつかじっていくのですから。前述のオス・カマキリなんか、抵抗むなしく、すんなり組み伏せられて、目の玉をかじられていました。生きたままですよ!
余談ですが、カマキリが卵を産みつける高さでその冬の積雪量がわかる、と言います。カマキリは、雪に埋もれない高さに卵を産みつけるそうですが、自身で確かめたことはありません。あと、春に卵からかえったばかりのカマキリの赤ちゃんは、めちゃめちゃ可愛いです。・・・←これくらいの大きさのが、わんさかでてきます。
                                                                2012年10月上旬  のりたま農園 坂口典和 

のりたま農園の「野菜セット」定期の購入はこちら

http://shop2.ing-hompo.com/shop/item/list/noritama.html

 

 写真提供:平野