アフリカ:携帯電話は若者の農業離れを防げるか

アフリカにとって農業セクターは、国家の全体的な成長、貧困削減、食糧確保にきわめて重要な役割を担っている。こうした国々の大半はサブサハラ・アフリカにあり、農業が就労人口の65%を占め、GDP成長の32%を創出している。(佐藤仁「Global Perspective」より)

アフリカにおける農民への携帯電話提供と若者の農業離れについてナイジェリアとケニアの最近の事例から考察していきたい。
ナイジェリア:政府主導での農民への携帯電話提供と若者の農業離れ
2012年9月、ナイジェリアの農業および地方開発を担当する当局(The Federal Ministry of Agriculture and rural Development)は、2013年までにナイジェリア全土の農民1,000万人に対して携帯電話を提供することを公表した。

続きはこちら→情報通信総合研究所 InfoComニューズレター
佐藤 仁「Global Perspective」
http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2012/Gpre201277.html


注)この情報は「知恵クリップ <  http://chieclip.com/>
clipped by 神宮司信也<http://chieclip.com/userinfo.php?uid=5.>より(2012.10.11)