マムシの効きめは?

あつい!ですね、みなさん。今は、月ようの夜です。金ようからずっと雨です(お気に入りの雪駄にもサンショウの木のスリコギにもカビが生えています)。畑には日陰がありません。どこで休めばいいのでしょうか。各地で35度とか36度とか、もう、人間の活動できる温度ではありません。31度、32度くれいまでなら何とかなるのですが、まぁ、シエスタまでいかなくても、12時〜2時くらいまでは昼休みにする等、思いきったやり方が必要なのでは。ここまでくると、常識の通用しない暑さです。
去年を思い起こせば、小豆の種を播く7月20日頃までは元気でした。が、その夜、体力は凋落の一途をたどりました・・・。今夏もまだ身体は動きます。小豆の播種、もうすぐやなぁ・・・。

先週、今夏2匹目のマムシを食べました。いつもは素揚げして塩をふりかけてバリバリ食べるところを、今回は炭火焼きで風流に頂きました。その翌日、虎のように動けたかというとそうでもなく、身体はいつもと同じように動くだけ。ただ、ふと、ある思いが浮かびました。これまでマムシの効きめだけを気にしていましたが、実は、マムシの効きめが感じられないぐらい身体が元気なのではないか、と。そう思ったほうが毎日がより楽しくなるのではないでしょうか。      09年7月中旬。