福祉や年金問題が、教育を後回しにする日本

日本では、選挙の票になる福祉や年金問題が優先され、

学校教育への投資が後回しにされている。

「韓国の教育委員会の委員長が選挙で選ばれる政治家なのに対し、日本の教育委員会の委員長は首長が任命する人物」「教育改革を第一に掲げる政治家は当選できません。それゆえ、日本の学校教育や教育のICT化への投資は手薄、あるいは後回しになっている上、国として、教員の人材育成に取り組む前向きな姿勢があまり見えてこないのです」。
http://diamond.jp/articles/-/23537

●知恵クリップ <http://chieclip.com/ >12.09.25より
clipped by 神宮司信也<http://chieclip.com/userinfo.php?uid=5. >

コメント:政治家を選ぶのは国民。そして結局、すべては政治に帰着する。