火電停止は電力余剰だった! 

ひまわりプロジェクト南相馬の小澤です。以下、転載です。 野田総理は、このことを何と言い訳するのか?

2012年7月13日 11:06
火電停止は電力余剰だった! 関電京都支店広報が明かす
関西電力が火力発電8基を停止させたのは、原発再稼働により電力に余りがあるためだった─こんな事実が11日、関電京支店の総務・広報グループの担当者の発言で明らかになりました。

 同日、京都自治労連(池田豊委員長)が行った関電京都支店への要請で関電側が回答しました。自治労連側が火力発電の停止について問いただしたのに対し、電力需要に合わせて停止したもので、原発再稼働を受けて停止したものもあると発言しました。

 関電は大飯原発3号機が9日にフル稼働し、同日に火力発電所8基を停止させていました。同社は、原発の再稼働以降も計画停電の可能性があるとして、府民に節電を呼びかけています。

http://www.kyoto-minpo.net/archives/2012/07/13/post_8889.php


「ひまわりプロジェクト南相馬」についてはこちら
http://www.e-bookland.net/campaign/ap_seminer.html