「ひまわりプロジェクト南相馬」の小澤洋一さんからメール

丹波カルデンの野菜を送る
 田舎元気本舗では、「ひまわりプロジェクト南相馬」というボランティア活動を主宰する小澤洋一さんに、丹波カルデンで採れた野菜を送っています。

神戸に住む知人の伊丹ルミ子さんから、「小澤さんの活動を少しでも応援したいので協力してほしい」と頼まれたからです。何かできることがあればと 思っていた矢先だったので、喜んで承諾しました。ただし丹波カルデンで採れる野菜は限られており、たいしたことはできませんが、6月には玉ねぎ、グリーン ペース、じゃがいもなどを2回送りました。
昨日、小澤さんから2回目のお礼の電話が入ったので、「そちらの様子をぜひ知らせてください」とお願いしたところ、今朝メールが届いていました。「ひまわ り農園」のブログと、「ひまわり種まき部隊 活動報告」のサイトアドレスも届きましたので、今後、随時紹介させていただきます。
写真は、「ひまわりの種まき部隊 活動報告」より。(村長 平野)

以下、ブログとサイトからの抜粋

「種まき祭り」が終了、数日後にビニールハウス内と露地を区割りし参加者に集まっていただき、本格的に種まきと苗植えを開始しました。ビニールハウスは約40坪が4棟。1グループ1.5坪程度で狭いのですが、皆さん張り切って草むしりや畝作りを行っていました。しかし外は1グループ15坪を提供。かなり広いです。聞くところによると、今まではほとんどの人が部屋の中に閉じこもっていたそうです。やはり農作業というのは惹きつける魅力があるのでしょう。皆さん朝8時頃からお昼まで、と思ったら午後も再び来て作業をしていました。(「ひまわり農園」のブログより。写真2点も)

「ひまわり農園」は、いまなお仮設住宅に居住の被災者らを元気づけようとするプロジェクトで、われらが地元の代表、「ひまわりプロジェクト南相馬」 の小澤洋一さんが裏方として運営に協力しています。開設以来2か月、農園のビニールハウスや露地には隙間なく、様々な野菜が育ち花々も咲き乱れています。
(「ひまわりの種まき部隊 活動報告」より)

詳しくはこちらを

東北農業の復興を目的としたプロジェクト南相馬市「ひまわり農園」
阿部和義さん(内閣府認証NPO法人公共政策支援団)のブログ

http://pub.ne.jp/himawarinosato/


ひまわりの種まき部隊(代表:横山三四郎さん)活動報告のサイト

http://www.e-bookland.net/campaign/ap_seminer.html


なお、小澤さんはハウスクリーニングの仕事をしながら、放射線量をこまかく計測しています。
「よかったら丹波の土を計測しますので、ついでのときに送ってください」と明るい声で言っていました。
「ひまわり農園」や小澤さんの自宅にある野菜の「放射性セシウムCs吸収量」は以下のとおり。

『ひまわり農園』野菜の放射性セシウムCs吸収量
(2012年7月)
応用光研…FNF401で計測
トマト(肥料:大地の子)
計測 1,800秒
Cs-134 5.63
Cs-137 ND<3.92
Cs-TTL 5.63
※Cs-134にはビスマス(Bi-214)の影響が含まれている可能性があります
ブロッコリー(大地の子)
計測 1,800秒
Cs-134 ND<5.72
Cs-137 ND<5.57
Cs-TTL ND<7.98
ブロッコリー(EM菌)
計測 1,800秒
Cs-134 ND<5.55
Cs-137 ND<5.38
Cs-TTL ND<7.73
キャベツ(農園組合長産)
計測 3,600秒
Cs-134 ND<2.53
Cs-137 ND<2.53
Cs-TTL ND<3.58
《参考…非公開分》
ズッキーニ(農園路地)
計測 1,800秒
Cs-134 6.92
Cs-137 ND<5.70
Cs-TTL 6.92
※Cs-134にはビスマス(Bi-214)の影響が含まれている可能性があります。肥料(リン酸系)の与え過ぎが原因かもしれません
小澤自宅の今年の『葉』
ツツジ 4,603 Bq/kg
ユズ 2,316 Bq/kg
タケ 1,096 Bq/kg
白木蓮 130 Bq/kg
野菜とは相当違います