明星坐禅会 3月17日(土)

坐禅会のご案内(大槻覚心師の案内はがきより)
 時下三寒四温の候。皆様ご清栄のこととお喜び申し上げます。下の句は、拙僧が高校卒業の頃に気持を薇(ぜんまい)に託して詠みました。
 せせらぎに 日毎薇ほどけゆく

林住期の今の生活もその頃の自由な感じとどこか通じるものがあります。が、同じ自由でも、あのころの自由は束縛から解放された自由であるし、今の自由は本来の自己に向かいつつあるという思い(錯覚かもしれませんが)と重なっています。

 静かなる涅槃の夜にねがうこと
                              皆幸いであれ、平安であれ (拙句)

日時  3月17日(土) 10:00~15:00
最明寺  丹波市市島町南287
お布施(参加費)  1,000円(昼食:お弁当付き)
※お弁当の準備がありますので、事前にお申込ください。
TEL(0795)85-1415

 コメント: この1月に初めて参加した「あけぼの坐禅会」。ホームページに紹介する取材のつもりで、1回きりのはずだったが、飾り気のない大槻住職のお人柄に惹かれて2月も参禅した。3月も参禅する予定。午前・午後に1坐ずつ坐禅するが、時間が許す限りでもOK。坐禅は、堅苦しいものではなく、心身をより自由にするための修練でしょう。どうぞ気楽にご参加を。(平野)