田舎暮らしガイド本 『田舎は最高』 特価セール

『田舎は最高』  平野隆彰+荻野祐一
丹波新聞社  定価1300円 → 特価 500円(送料込)

 この本は、村長こと平野智照(隆彰はペンネーム)がまだ田舎元気本舗を設立する前、丹波新聞に連載して記事をまとめて2007年に出版されました(共著者の荻野さんは1年前、丹波新聞社の社長に)。新聞の連載記事(移住者24人の思いを取材)のほかに、平野が西宮に住んでいたころの週末農業のことや移住のいきさつ、なぜ田舎暮らしなのか、なぜ丹波なのかといったことを書いています。
本書の帯には、高野孟氏(千葉県鴨川で田舎暮らし)から推薦文をいただきました。ちょっと過分な推薦ではありますが、全国のどこの田舎であれ、「いずれ田舎暮らしを」と思っている人にはきっと参考になるでしょう。

団塊世代が田舎暮らしを始めようとする時に
ぶつかる問題のすべてを網羅した完全マニュアル。


私自身を含めて還暦を機に田舎暮らしを始めた、あるいは始めたいと思っている団塊世代の人々は、たぶん何百万人もいるだろう。本書には、その夢を実現するためにどんな心構えを持つべきか、実際に新しい暮らしを始めるとどんな問題にぶつかり、それをどう乗り越えて行くべきかが、筆者の体験に基づいて生き 生きと楽しく描かれている。この本を読むことから人生の二毛作目が始まる。 インサイダー編集長 高野孟

在庫はまだ百数十冊あります。在庫一掃セールで1冊500円(送料込)。お名前・住所・TELを明記の上、ご注文ください。郵便振替用紙を同封してお送りします。
ご注文はこちらへ → info@ing-hompo.com