国民を「幼稚園レベルのトリック」で騙そうとする政府

   いつもの 阿修羅 原発20から、気になったモノです。投稿内容だけでなく、それに対するコメントも、多面的な見方の参考になります。                 魚住隆太

1月22日の抜粋
最悪シナリオ封印 菅政権、なかったことに

・チェルノブイリ原発事故後の平均寿命の推移 (SAVE CHILD 11/5/12)  2012 年 1 月 21 日 23:13:16
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/391.html
抜粋:「このグラフを見て鳥肌が立ちました。もちろん、この時代の旧ソ連の社会情勢が悪かったことも原因(ペレストロイカなど)になると思いますが、原発事故の影響をスパっと切り捨てて考えることは難しいと思います。そして、事故収束のために80万人の作業員が動員されたといいます。 旧ソ連政府も今の日本政府と一緒で、原発事故に関してはたくさんのことを隠蔽しました。(周辺国も)そして、ほとんどの原発事故の影響を隠し通しています。1号機のメルトダウンを認めたニュースの陰で密かに公開されたデータは、チェルノブイリよりも深刻な汚染の現実でした。 工程表も見直しになりますし、まだまだ福島原発は汚染物質を放出し続けます。5年後、10年後が恐くてたまりません。」

・福島第1原発:最悪シナリオ封印 菅政権、なかったことに (毎日新聞) 2012 年 1 月 22 日 00:21:32
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/397.html
抜粋:「東京電力福島第1原発事故で作業員全員が退避せざるを得なくなった場合、放射性物質の断続的な大量放出が約1年続くとする「最悪シナリオ」を記した文書が昨年3月下旬、当時の菅直人首相ら一握りの政権幹部に首相執務室で示された後、「なかったこと」として封印され、昨年末まで公文書として扱われていなかったことが21日分かった。複数の政府関係者が明らかにした。」
<関連投稿>
・[原発事故独立検証委員会] 政府高官「ものすごい内容だったので、文書はなかったことにした」 原発事故の最悪シナリオを隠蔽 2012 年 1 月 22 日 12:47:59
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/407.html

・4号機とセシウムの基礎知識(5) 危険性  武田邦彦 2012 年 1 月 22 日 00:27:12
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/398.html
抜粋:「その後、読者の方からの情報などを元にすると、放射性物質を含む瓦礫やゴミの焼却は実に杜撰で、「1立方メートルあたり0.002グラムしか灰が飛んでいないから大丈夫」などと自治体はコメントしていますが、それは「放射性物質ではない、一般的な毒物」の場合です。 セシウム137は1グラムで3兆2000億ベクレルですから、0.002グラムというとセシウム137で実に60億ベクレルを超える量です。焼却炉の煙の中の灰がすべてセシウム137ではありませんが、「測定していない」ようなのです。また、焼却灰を見てみるとセシウムで1万ベクレル(1キロあたり)を超えるものが多く、これは法律で「取り扱ってはいけない放射性物質」になります。 完全に焼却炉は「違法状態」にあるのです。福島原発事故が起こってから、自治体は東電に遠慮して、目を覆うばかりです。これほどの違法を繰り返すのが日本の自治体だったかと思うと情けなくなります。」

・下水処理施設で放射性セシウムが出続けている (私設原子力情報室) 2012 年 1 月 22 日 00:52:47
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/399.html
抜粋:「しかし、下水処理場で汚泥としてつかまえられている放射性物質は、全体の何パーセント?残る大半は、河川へと流れ込み、やがて海へ。そして、一部は蒸発して雨としてふたたび降り注ぎ、一部は魚介類に取り込まれて食卓へと上ります。川底に残った分は、浚渫されて埋め立てに使われ、ほとんどが行方知れずになるでしょう。また、予想もしなかったところから、放射性物質が出てきます。 こんな恐怖を抱えながら暮らすのは、絶対に、今回限りにしなければいけません。そして、この恐怖を横目に見ながら、原子力発電所の稼働を認め続けるとしたら、それは「愚」としか言いようのないものです。これは、日本政府に対する言葉であるとともに、私たち自身に向けた言葉でもあります。」

・核ゴミは全部日本へ送れ - 日本が放射性廃棄物最終処分場になる日 2012 年 1 月 22 日 05:06:15
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/402.html
抜粋:◎ 「汚染物を日本中にバラ撒けば、福一から新たに放出されたものかどうか判断が難しくなる。別の原発からの放射能流出もごまかせるだろう。 もう一つは、TPP促進のため国内の農水産業を壊滅させることにある。国産食材がセシウムまみれになれば、いやでも輸入物に頼らざるを得ない。農業関係者はTPPに猛烈に反対しているが、収穫物が汚染されて消費者に敬遠されれば終わりである。すでに輸入食材に切り替えている家庭も多いはずだ。 悪魔のような邪悪な策略だが、まだ驚くのは早い。さらに大きな目的があるのだ。それは日本を世界の核のゴミ捨て場にする計画である。」

・国民を「幼稚園レベルのトリック」で騙そうとする政府  武田邦彦 2012 年 1 月 22 日 09:43:06
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/405.html
抜粋:「つまり、福島原発が爆発したのは、正面から来た津波ではなく、防潮堤の無いところから回ってきた「海水の浸水」だからです。福島原発の南側の海岸は無防備で、まったく防潮堤はありません。津波は陸に進入すると、真っ直ぐ奥に進むのではなく、横にも行きますから、原子炉は浸水して爆発したのです。 防潮堤を迂回して入ってきた海水によって爆発したのに、防潮堤を高くして何の意味があるのでしょうか? 大飯原発3号機、4号機でも、浜岡原発の再開でも「防潮堤を高くしたから大丈夫」と説明されていますが、もし国民がこのような簡単なトリックにダマされるなら、私たちは本当に子供を守ることができないでしょう。」

・豪州国営放送「日本政府は自国民より米軍を優先」」・・メルトダウンの数時間後 放射能の拡散情報を 2012 年 1 月 22 日 10:32:20
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/406.html
抜粋:「こちら、オーストラリア国営放送(ABC)で報じられた内容です。■豪州国営ABC放送 日本政府が放射線の危険性において国民を裏切るJapan 'betrayed citizens' over radiation danger  日本政府は、国内における発表の一週間以上も前に、米軍に福島からの放射能の拡散情報を渡すという自国民に対する裏切り行為の非難を受けている。福島原発に近いために見捨てられた日本のある地域の町長は、政府の行為は殺人と同様だとAMに告げた。(AM=ABC Mediaの略?) 放射性物質拡散予想図の担当をしていた日本の文部科学省の職員は、米軍に伝えるのと同時に、危険性を国民に知らせるべきだったかもしれない、とAMに対して認めた。」

・除染事業、環境省が格安で発注 地元業者「できるのか」(asahi.com) 2012 年 1 月 22 日 13:44:40
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/408.html
抜粋:「初の発注となったのは、福島県楢葉町役場の周囲約4ヘクタールで、放射能汚染を清掃や高圧水で取り除く作業。5日に環境省で競争入札があり、前田建設工業1650万円、清水建設1890万円、大林組1億2300万円、大成建設2億7700万円――という応札額(消費税抜き)になった。  同省会計課によると、1650万円は、同省が事前に定めた予定価格(非公表)を大きく下回っていた。このため、この日の契約は見送り、翌日に前田建設工業から事情を聴いた結果、特に問題はないことを確認して契約したという。」
<関連投稿>
・ゼネコンが9割中抜きという話(ネットゲリラ):水で洗い流すだけの簡単なお仕事です 2012 年 1 月 22 日 22:01:10
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/415.html
抜粋:「除染作業というと、高圧洗浄車持ち込んで、排水は吸引車で回収して、まぁ、ウチの会社の得意な仕事ではあるんだが、残念ながら静岡県ではそんな仕事はないので、ウチにはそんなお仕事は回って来ませんw 高圧洗浄車とか吸引車とか、日だてで一台15万円オペレーター付き、といったところだろうか。あとは作業員なんだが、これは簡単に計算式で出るね。一週間程度の仕事のようなので、1650万というのは妥当なところではないか? じゃあ、ゼネコンはなんでその十倍もの札を入れたのか? まぁ、マトモに「競争入札」なんかやってたら仕事が捗らないので、復興関連予算については随契でドカドカ仕事を流している風情もあり、人情としては、たくさん貰えるなら、それに越した事はない、という事かw」

・福島はペグマタイト鉱床で最良の長石の産地です。焼き物の釉薬のほとんどはここの長石です。(Twitter)  2012 年 1 月 22 日 21:08:52
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/414.html
抜粋:「誰も言わないし気づかないので書きますが福島はペグマタイト鉱床で最良の長石の産地です。焼き物の釉薬のほとんどはここの長石です。自分はこの仕事してますので調べたけれどデーターが出てこない。福島長石が使えないのは窯業には死活問題です。誰も言わないので。」

1月21日の抜粋
老朽炉は例外なく廃炉にすべきだ

・もんじゅの制御棒でトラブル 保安院が1カ月公表せず (産経新聞) 2012 年 1 月 21 日 00:05:32
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/370.html
抜粋:「経済産業省原子力安全・保安院は20日、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の制御棒を動かす装置が、昨年12月の作動試験で動かないトラブルがあったと発表した。その後の試験で正常に作動したが原因を特定できず、保安院は同日、日本原子力研究開発機構に2月29日までに原因究明を行うよう指示した。 保安院はトラブルを1カ月以上公表せず、「原子炉は安全な状態で停止しており、事業者の対応をみていた」と釈明した。」

・ジワジワ広がる放射線物質 砕石は氷山の一角か 東京新聞「こちら特報部」1月19日 2012 年 1 月 21 日 00:12:48
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/371.html
抜粋:「福島県浪江町の砕石場から広がっている汚染コンクリート禍。空気や海水、がれきのみならず、放射性物質による汚染はじわじわと列島を覆いつつある。砕石は氷山の一角だ。規制がなかったり、手遅れになった事例は今後も出てくることだろう。一度起こしたら取り返しが付かない。それが原発事故の怖さだ。にもかかわらず、政府は原発の再稼働に向け、アクセルを踏み続けている。  (上田千秋、小坂井文彦)」

・原発「関西が最も危険」 老朽と金属劣化「最も劣化が進んだ九州電力玄海原発1号機(佐賀県)に次ぎ、福井県に集中 2012 年 1 月 21 日 00:53:42
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/375.html
抜粋:「福井県内にある原発7基の再稼働差し止めを滋賀県の住民らが求めた大津地裁の仮処分審で「材料や機器劣化による原発事故の危険性は関西エリアが最も高い」とする井野博満東大名誉教授の意見書を住民側が提出することが20日、訴訟関係者への取材で分かった。 井野氏は意見書で、原子炉の健全性を評価するため圧力容器内に置かれた試験片の耐性を分析。「最も劣化が進んだ九州電力玄海原発1号機(佐賀県)に次ぎ、全国でワースト2~6が福井県に集中している」と指摘し、事故があれば近接する関西地方が大きな被害を受ける可能性を示した。」
<関連投稿>
・[放射能]玄海原発は爆発する34(eirene's memories )東京大学名誉教授の井野博満氏の警告 2012 年 1 月 21 日 07:00:38
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/378.html
抜粋:「ストレステストの安全性評価委員会で、後藤氏とともに傍聴者排除に対して抗議の意思を示した井野博満 東大名誉教授  中性子の放射化による劣化によって、金属はガラスのようになっちゃって、低温の水を入れるだけでガラスのように脆く爆発する危険を以前から指摘されています。下記の限界原発だけでなくて、福島の老朽化原発も金属材料工学の専門の立場からみてかなりヤバイらしいです。玄海爆発したら、九州・西日本壊滅、福井なら関西・中部全滅、浜岡なら首都圏全滅。」

・「役に立つ研究」で崩壊した日本の学問・・・苦しむ国民  武田邦彦 2012 年 1 月 21 日 13:18:47
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/383.html
抜粋:「4号機の再爆発が懸念され(私はそれほどの危険は無いと思っています)、福島を中心としてセシウムが再飛散しているのに、これまで「原発は安全」と言って来た専門家からはほとんど情報が提供されません。その基本的な理由は「お金だけの社会」にあるのですが、より直接的な原因は「役に立つ研究」、「国立研究所重視」の政策にありますが、それは1990年ごろ、日本社会が支持したものだったのです。」

・老朽炉は例外なく廃炉にすべきだ @井野博満東大名誉教授 (Nuclear F.C : 原発のウソ) 2012 年 1 月 21 日 13:28:13
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/384.html
抜粋:「原子力安全・保安院が老朽炉の安全対策を協議するため設置した「意見聴取会」のメンバーで、「老朽炉は例外なく廃炉にすべきだ」と主張する井野博満東大名誉教授と「寿命を一律に設けることは意味がない」とする庄子哲雄東北大教授に意見を聞いた。(聞き手・木村留美)」

・雪解けの時は注意・・・放射性物質が飛散します。(がんばれ福島原発!) 2012 年 1 月 21 日 15:51:36
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/386.html
抜粋:「昨年の3月以降、雨には皆さん気をつけていたと思いますが、雪は雨以上に空気中の塵やホコリを地上に落下させます。この落下した塵やホコリに放射性物質が含まれることは言うまでもありません。明日、明後日にかけて雪が溶けて感想すると、地上に降りた放射性物質が風で舞い上がります。明日、明後日は必ずマスクを着けて外出することをお勧めします。 また、雪が溶けにくい場所を確認することは、非常に重要な事です。それは、放射性物質が集まりやすい場所に殆どが合致するからです。今後のことも考えて、お住まいの周りをチェックされることも合わせてお勧めします。」

・新原子力規制組織の謎(河野太郎ブログ「ごまめの歯ぎしり」)  2012 年 1 月 21 日 17:37:33
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/387.html
抜粋:「党本部で、政府から、新原子力規制組織の説明を聞く。あきらかに、原子力ムラの汚物の臭いがぷんぷんする。最初の資料の最初にこう書いてある。「環境省に、国家行政組織法第三条による独立性の高い外局として、原子力安全庁(仮称)を設置」。ちょっと読むと、公正取引委員会のような独立性の高い三条委員会をつくるように読めるが、そうではない。単なる環境省の外局なのだ。そこを突っ込まれて、「三条委員会ではなくて、三条機関です」。こういう誤解をするような書き方をわざとして資料をつくっていることからして、この案はまともではない。来年度予算の中に、すでにこの新組織の予算が入っている。504億円。この組織を設置するための法案が国会に提出されていない、つまりこの新組織の内容が決まっていないのに、予算が査定され、要求されているというのは、無茶苦茶だ。組織の中身が決まっていないのに、どうしてその組織の予算が出せるのか。しかも、新組織の発足は4月1日という。」

・原発賠償に課税とは「風評被害」や給与減損失への支払い 収入扱い、被災地困惑(しんぶん赤旗) 2012 年 1 月 21 日 21:01:55
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/388.html
抜粋:「東京電力福島第1原発事故の放射能被害に支払われる賠償金を、国税庁が課税対象としていることに対し、被災地からは「納得できない」と怒りと困惑の声があがりはじめています。 国税庁は精神的損害や避難費用などに対する賠償金は非課税としています。しかし、事業の避難指示での営業困難、「風評被害」による減収、出荷制限指示による損失に支払われるものは、事業所得などに関わる収入とみなされ、必要経費を控除した残額が課税対象になります。農漁業や製造業、サービス業など、あらゆる業種が対象になります。 また、就労ができないことによる給与などの減収に対する賠償金も、雇用主以外からの収入として一時所得の収入とみなされ、課税対象になります。」