「阿修羅」抜粋レポート2

いつもの「阿修羅 原発19」から、気になったモノです。投稿内容だけでなく、それに対するコメントも、多面的な見方の参考になります。魚住隆太 

・警戒区域再編方針案:「町を分断するのか」 首長ら不信感 (毎日新聞) 2011 12 19 00:02:32

  http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/437.html

抜粋:「枝野幸男経済産業相が18日福島県側に示した警戒区域の解除・再編方針に対し、当該11市町村の首長らは「町を分断するのか」「帰還に向けた除染やインフラ整備の工程を示す方が先ではないか」などと強い不信感を表した。」

投稿へのコメント01;「飯舘の避難男性が死亡 伊達の路上で発見 17日午後1時10分ごろ、伊達市伏黒字下大川の路上で、飯舘村から同市伏黒の伊達東仮設住宅に避難していた無職門馬昌二さん(59)が倒れていると、通り掛かった近所の男性から110番通報があった。伊達署や伊達地方消防本部救急隊が駆け付けたが、門馬さんはすでに死亡していた。 同署によると、門馬さんが倒れていたのは阿武隈川に架かる大正橋近くの脇道。仮設住宅からは約700メートル離れている。 同署は、外傷や着衣の乱れがないことなどから、事件性はないとみて、死因の特定を急いでいる。18日に司法解剖する。 関係者によると、門馬さんは仮設住宅に1人暮らしで、近くに身内はいないという。持病があったほか、夜中に1人で外出することもあり、保健福祉関係の担当者や仮設住宅の近所の人が世話をしていたという。(2011年12月18日 福島民友ニュース)http://www.minyu-net.com/news/news/1218/news3.html 」

 

・コメ基準値超え29戸に 福島、伊達両市の一部 (産経新聞) 2011 12 19 00:05:40

  http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/439.html

抜粋:「福島県は18日、福島市・大波地区の農家1戸、伊達市・旧3町村の3戸がことし収穫した玄米から新たに国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。いずれのコメも自宅などに保管されていたため、流通していない。基準値超えの被害農家は計29戸に拡大した。」

 

・浪江町赤宇木地区、積算100ミリシーベルト超える (朝日新聞) 2011 12 19 00:16:57

  http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/440.html

抜粋:「東京電力福島第一原発の事故による放射能汚染で、福島県浪江町赤宇木(あこうぎ)地区(第一原発から北西31キロ)の積算放射線量が、がんなど健康影響が出るとされるレベルの100ミリシーベルトを超えた。文部科学省が積算線量計を設置している福島県内9カ所(警戒区域を除く)の18日の集計結果でわかった。100ミリを超える地点は初めて。」

 

・米原子力規制委 委員長に辞任求める声:ヤツコさんは今日本にいるはずだが、何をしたというのだろう?  2011 12 19 03:56:33

  http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/447.html

抜粋:「■米原子力規制委 米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長をめぐって騒動が起きている。他の4人の委員がホワイトハウスに書簡を送り、委員長の「非常に厄介な行動」によってNRCの活動に悪影響が出ると直訴。14日には米議会で同問題の公聴会が開かれ、一部議員から辞任を求める声も出ている。」

投稿へのコメント01:「表向きには、「残りの4人の委員と協力せずひどい扱いをした」こと。で、その「協力」とは、原子力業界の規制を更に緩めようという「協力」だったらしい。4人の委員の先鋒は、委員になる前に東電を含む日本の原子力業界のコンサルティングをやってたらしい。ヤッコの代わりにこの人(Magwood)を委員長に据えようという動きだったらしい。」

 

・「震災後、東電は『死んでもいい人間』を集めた」原発に潜入したジャーナリスト 2011 12 19 14:21:44

  http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/451.html

抜粋:「「東京電力は震災直後、『死んでもいい人間を集めてくれ』と指示した」。福島第1原発に潜入していたジャーナリストの鈴木智彦氏は20111215日、日本外国特派員協会主催の記者会見に出席し、こう語った。 鈴木氏は今年7月から8月中旬まで福島第1原発で作業員として働きながら、施設内部および周辺の写真や映像を撮影。同所を解雇されたのち、それらを公開した。鈴木氏は会見で、「極論だが、日本の原子力発電所はすべて、不正の上に成り立っている産業」という。」

 

・川崎病疑い(チェルノブイリへのかけはし) 2011 12 19 16:44:31

  http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/453.html

抜粋:◎ 「さて、今朝、川崎病が増えていると怪しい臭い医科大学の先生が発表していた。あの大学はダメです。公害のときも、いっつも企業側につく先生が出てきて、平気で被害者を切り捨てる医者を出すところ。

その臭い大学の先生が言うには、川崎病が増えていると。考えてみればほとんどの被ばくの初期症状が、川崎病に似てなくもない。そういうふうにきたか。あいつらなんにもせん、と思っていたけれど、これから被ばくではない、似た病名をつけられて「誤診」への道に子供達をいざなうようです。そういうことは着々としてるんだ。お話会で何度も行ってきたベラルーシの小児甲状腺の原因は放射能ではない、「風土病」という誤診で、国連は子供達を10年間放っている。もちろん、その後も救援なんぞ、とよべるものはしなかった。それがどんなに子供達を苦しめたかわからない。チェルノブイリから面々と続く、この嘘の連鎖を止めて、命の泥棒たちを刑務所に入れなければ、子供達を奪われてしまう。」

 

・原発視察で怒鳴りまくる菅氏 前副大臣の手記で浮き彫り (J-CAST) 2011 12 19 19:28:14

  http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/456.html

抜粋:「一方で菅氏擁護論も少なくない。「怒鳴ったお陰でってこともあるだろう」「少なくともあの現状で怒鳴ってくれる総理の方が好感持てる」「怒鳴ることも大事」といった具合だ。擁護論の背景には、315日に菅氏が東電本店に乗り込み怒鳴ったとされる件が関係しているようだ。菅氏の行動が現場の士気を下げた、と批判の声が出る一方、「東電が全面撤退を申し出」たため、菅氏が「撤退はあり得ない」と怒鳴って必死に抵抗した、と評価する声もあるためだ。」