川上さんの三年番茶「薪火寒茶」

自然栽培、薪火製法による身体にやさしい陽性のお茶。
日常茶としてだけでなく、
塩番茶、醤油番茶、梅醤番茶などに欠かせません。

川上寛継・祐喜子夫婦の「薪火寒茶」は、普通の番茶と違い、
2年以上生育したお茶を枝ごと寒い冬に刈り取ります。
薪火で釜炒りしてから、味をより良くするため半年以上ねかせます。
そして再度丁寧に薪火で焙じた番茶です。

冬のお茶は苦み、渋みが少なく、甘い風味があります。
自然栽培、薪火製法による身体にやさしいこの陽性のお茶は、
日常茶として、また、具合がわるいときの手当て用として
塩番茶、醤油番茶、梅醤番茶などに欠かせません。

薪火寒茶(120g)3袋セット
2,600円(送料700円) 

※全国一律のお値段ですが、離島の場合、
送料プラス500円頂戴いたします。

ご注文はこちら こだわり・食くらぶ「空楽園」

昭和55年、川上寛継・祐喜子夫婦で東京から鹿児島県の大□(現伊佐市)に移り住み、熊谷綱次郎さんの後を継ぐかたちで三年番茶作りが始まりました。
大口食養村で作っている「薪火寒茶」は、“本来の三年番茶の作り方”を守っているお茶です。鹿児島で、農薬や化学肥料・除草剤を一切使用せず栽培しています。