シカ衝突事故88件 氷上が最多、夜間増加 昨年1年 丹波署調べ

丹波署は、昨年市内で発生した車とシカの衝突事故件数をまとめた。同署がシカに関する事故件数をまとめるのは初めて。

大きなけがにつながった事故はないが、廃車になったケースもある。同署は「2014年以前のデータはないが、昨年は特に多かったという印象。『ひょっとしたら飛び出すかも』という気持ちを持ってスピードを落として走行してほしい」と呼びかけている。
昨年1年間で88件の事故が発生。12月の11件が最も多く、夏場の6―8月は2―6件と少ない1。

続き 丹波新聞 2016年02月04日