「雑草が爆発だぁ!」・・・・「なんじゃ、こりゃあ!」

ハチのたぐいがとても少ないのが気がかりです。
みなさん、農業において実はハチが重要な役割を果たしているのをご存知ですか。

果樹はもちろん野菜の多くがハチやその他の虫によって受粉して、実をつけます。たとえば、トマトの大きなビニールハウスでは、網をはった中でハチの一群を飼ったりします。のりたま農園では何もしませんが・・・虫まかせ~、風まかせ~。
アメリカのある先住民の部落の言い伝えには、ミツバチの姿が見えなくなると、われわれ人間の暮らしが危なくなる・・・というのがあります。その言葉を知っていたので、極端にハチの少ない今年、一抹の不安が時折心をよぎります。何も起きなければいいのですが・・・。
▼先週の土曜日に狩猟免許(ワナ・網)の講習会というものに参加してきました(神戸に。筆記・実技試験は7月)。どちらかといえば年配の方が多いですが、20~40代もまあまあいて、女性も4~5人いました。「狩りガール」!というプリントが配られていましたね。兵庫県は獣害が多いから盛況でした。
「ワナ」はイノシシやシカやその他小型のアライグマなどで、網はもっぱら鳥です。おもしろかったのは、講師の方が木で作った大型の虫捕り網を手にして、「まぁ、こんなもんでは鳥はとれませんわ」とか、「昔、自治体の補助を受けて大きな網を集落で購入して、何人も出て、丸一日かかってスズメ狩りをしましたけど、あんなもんシンドイだけで、やってられませんわ」とか、なんかゆるくて、人間味が感じられました。今年は消防団も操法大会(訓練+試験)がないので、この機会に狩猟免許をとっておきたいです。あと、地元ネタですが、やっぱり阪急電車はいいなぁ・・・。子どもの頃の思い出のたくさん詰まった電車で、何十年も前の記憶に車窓からの風景を重ねていました。(6月中旬)

▼天気が変です。朝晩が妙に涼しい。そして日照量が少ないです。それでも、ナスビ・ピーマン以外の野菜はまあ出来ていて、多分、野菜にとっては生育適温なのでしょうか。いつもの年の今頃は、暑すぎる傾向にあります。ナスビ・ピーマンは根元をネキリムシという蛾の幼虫にかじられて弱る株が続出なのですが、同じ畑に植えてある万願寺トウガラシはけっこう助かっています。トマトは太陽が出ないと赤くならないですね。
▼昔、テレビのCMで「芸術は爆発だぁ!」というのがありましたが、今は、畑は(田んぼも)「雑草が爆発だぁ!」の状態です。うちは長い谷に沿って畑(田)が散らばっていて、すべてを毎日見回ることがなかなかできません。何日かして別の畑に作業をしに行くと、「なんじゃ、こりゃあ!」というくらい雑草が生えていたりして、野菜が埋もれかけています。あ、「なんじゃ、こりゃあ!」というのは、「太陽にほえろ」で松田優作が殉職するときのセリフでした。 (7月8日)  坂口典和