ネパール支援で呼びかけ ブルーシート提供を 篠山のNPO

バングラデシュなどで学校を建設するなどの教育支援活動に取り組んでいる篠山市京町のNPO法人 「P・U・S (バングラの村を良くする会)」 が、

ネパールで発生した大地震の支援にと、 ブルーシートの寄付を求める活動に取り組んでいる。 震災で家をなくし、 木の下で生活を送る人がいるほか、 家が残っても屋根が損壊しているケースも。 間もなく訪れる雨季を前に、 屋根替わりや補修に使うシートの需要が高まっている。 同法人は、 「大きくても、 小さくても、 汚れていてもいいので協力してほしい」 と呼びかけている。

続き 丹波新聞 2015年05月24日