電力、お湯を親子で分けあうホンダのスマートハウス

エネルギーの地産地消へ、さいたま市で実証中
ホンダは電力と熱を世帯間で融通し合うスマートハウスの実験棟をさいたま市に建設し、14年6月から実証を始めた。

電力や熱を余った世帯から不足する世帯へと送り、エネルギーを効率利用する。ホンダにとって初の試みとなる電力の相互融通は太陽光発電の電力を地域で多く使う“エネルギーの地産地消”の手段として期待されている。

 【街に溶け込む】
真新しい庭付きの住宅3軒がホンダのスマートハウスの実験場だ。植え込みもあり3軒が実証棟とはわからない。高級感のある外観は住宅展示場にも見え、街に溶け込んでいる。

 エネルギーを融通ができる3棟目の実験棟は12年に稼働した既設2棟の間に“新築”した。2世帯住宅として設計し、1階が定年退職した親世帯、2―3階が働き盛りの子世帯という設定だ。
各世帯にはスマートメーター(通信機能付き電力量計)、家庭用エネルギー管理システム、ガスコージェネレーション(熱電併給)システムを1台ずつ設置。屋根の太陽光パネルは出力4・4キロワットずつを2世帯が所有する。子世帯には蓄電池を設置。親世帯では電気自動車(EV)を蓄電池代わりに使う。

 晴天の日中、留守がちの子世帯は太陽光パネルが発電した電力が余りやすい。そこで日中に在宅が多い親世帯に余った電力を送って活用する。お湯は冬の日中に床暖房を使う親世帯で余りやすい。子世帯は余ったお湯を融通してもらい、帰宅後に給湯に費やすエネルギー消費を抑える。電力と熱の融通は東芝のエネルギー管理システムが制御する。

続き ニュースィチ 日刊工業新聞

コメント:さすがホンダ! 太陽光発電はいずれ(近い将来)、こういう方向でいくだろうな。太陽光の先駆けであったシャープが、この方向でいち早く研究開発していたら今頃・・・と残念に思う。「常に他者がマネる商品を開発せよ」が創業者・早川徳次の口癖だった。トップシェアの液晶にこだわりすぎて、その言葉を忘れたのだ。