Jリーグチームが新電力に参入、再生エネ導入と地域経済活性化へ

茨城県水戸市に新たな電力会社「水戸電力」が設立された。オール電化事業や太陽光発電事業を手掛けるスマートテックと、サッカーJ2リーグの水戸ホーリーホックの共同出資によるもので、

水戸市を中心に再生可能エネルギーの導入や地域経済の活性化を促進していく。

太陽光発電や電力小売事業を手掛けるスマートテック(茨城県水戸市)は、エネルギーの地産地消や地域貢献を目指し、サッカーJ2リーグの水戸ホーリーホックとの共同出資で水戸電力を設立した(図1)。本社は茨城県水戸市に置き、地元で発電された電力の買い取りやバイオマスをはじめとする発電所の建設事業を行う。

続き スマートジャパン