コンテナ輸送が可能な「地産地消」型水素エネルギー供給システム、川崎市で始動 (1/2)

東芝と神奈川県の川崎市は、自立型の水素エネルギー供給システムの実証実験を始動させた。

太陽光発電による電力で水素を作り、その水素で電力と温水を供給する仕組みで、環境負荷の少ない新たなエネルギーシステムの実現に役立てていく。

今回の実証実験は、東芝が開発を進めてきた自立型の水素エネルギー供給システム「H2One」を、川崎市臨海部の公共施設である「川崎市港湾振興会館および東扇島中公園(以下、川崎マリエン)」に設置して行うもの(関連記事)。2020年度(2021年3月期)までの6年間にわたって「平常時における施設に対する水素エネルギーマネジメントシステムの実証」と「災害時を想定した水素BCPシステムの実証」の2点について、検証を進めていく。
H2Oneは、太陽光発電設備、蓄電池、水素を製造する水電気分解装置、水素貯蔵タンク、燃料電池、水素エネルギーマネジメントシステム(水素EMS)を組み合わせた自立型のエネルギ―供給システム(図1)。名前は、水(H20)と新エネルギー(New Energy)を組み合わせた造語だという。
水素を製造するための水の電気分解に必要な電力を太陽光発電で賄い、発生した水素をタンクに貯蔵し燃料電池で発電することで、電力と温水を生み出す仕組みをとる。そのため、二酸化炭素の発生を抑えた電力活用が可能な点が特徴となる。

続き スマートジャパン