新鮮トウガン大人気/とうがんの日キャンペーン

トウガンの魅力を広く市民にアピールする「とうがんの日」キャンペーンが10日、JAファーマーズマーケットあたらす市場で開かれた。

1玉100円の大特価で販売されたトウガンは大人気。市民らがどっと押し寄せ、地元で取れた新鮮な生産物を買い求めた。実行委員会が準備した3000玉はこの日で完売。ビタミンCを豊富に含んだヘルシー健康野菜の人気の高さをうかがわせた。

 毎年4月10日は「とうがんの日」。県経済連が1998年に制定した。宮古島市は2007年2月にトウガンの拠点産地として県の認定を受け、今では宮古地区出荷野菜の重要品目に位置付けられている。

 キャンペーンは地産地消と消費拡大を狙って実施しており、ファーマーズマーケットは毎年多くの市民でにぎわいを見せている。
開始セレモニーで実行委員長を務めるJAおきなわ宮古地区本部の新城武一郎本部長が「今年も県、宮古島市、生産者、関係機関と協力して安心・安全な宮古島産トウガンを広くアピールしたい」と強調。「来客者にはレシピを配布し、トウガンの豊富な調理方法を周知しながら消費の拡大を図りたい」と述べた。

続き 宮古毎日新聞  2015年4月13日(月曜日