高知発:未利用木材100%でバイオマス発電、林業と鉄道と石油会社が地産地消を推進

林率が全国で最高の高知県に日本で初めて、未利用木材を100%使って破砕から一貫処理する木質バイオマス発電所が運転を開始した。年間に7~8万トンの未利用木材を燃料に、1万1000世帯分の電力を供給することができる。森林組合と鉄道会社が石油大手の出光興産と共同事業を展開する。
[石田雅也,スマートジャパン]


高知県は面積の84%を森林が占める日本一の森林県である。森林から切り出した木材の流通・加工の拠点になる「仁井田(にいだ)木材団地」の中に、県産の未利用木材を100%使った専焼方式のバイオマス発電所が4月1日に運転を開始した(図1)。
発電事業者は「土佐グリーンパワー」で、地元の高知県森林組合連合会、とさでん交通に加えて、出光興産が出資して2013年に設立した。このバイオマス発電プロジェクトでは、森林から間伐材などを発電所に運搬することから始めて、破砕・乾燥処理を含めた一貫処理体制をとる点が特徴だ(図2)。未利用木材を100%使った一体型のバイオマス発電所は日本で初めての取り組みになる。

続き スマートジャパン