「お米甲子園」

食の検定は「全国農業高校 お米甲子園」を応援しています

2013年より、食の検定は、次世代の日本の農業の担い手を応援すべく「全国農業高校 お米甲子園」を応援させていただく事になりました。食の検定は食育活動を通じ、日本の農業の大切さを伝え、食文化を守っていく活動を行っています。
昨今は農業就業者の高齢化が進み、平均年齢65歳を超えている事は危機的な状況であり、若い方達を日本の農業の担い手とし育てて行く事が急務と考えています

現在のエントリー学校数は84校

農業の後継者不足・若者の米離れなどが進む中、未来を担う高校生たちに今一度米作りを見つめなおし、世界でも有数な“日本のお米”に誇りを持ち、その伝統を受け継ぐとともにさらなる発展を目指してほしいとの思いと、多くの皆様のからの「是非とも開催を続けてほしい!」というご要望を頂き、本年も『第5回 全国農業高校 お米甲子園』を開催する事となりました。
全国の農業高校の実習田で育てたお米が競い合うのは、『全国農業高校 お米甲子園』のみです。
昨年は、全国より180検体の出品があり、最高金賞1校、金賞5校、特別優秀賞14校の計20校が受賞されました。

続き 全国農業高校 お米甲子園