旧正月

今年の旧正月 (元日) は2月19日。 旧暦は閏月の加減で大きく振れ、 昨年は1月31日だった。

「春節」 とも言い、 中国、 ベトナムなどでは今も新暦の正月より賑やかに祝われるが、 日本ではほとんど忘れ去られた。
▼しかし、 明治6年1月1日から太陽暦への転換が断行された後、 一般国民の抵抗は根強く続いた。 「唱歌という奇跡、 十二の物語」 (文春新書) によると、 その前年の12月を2日だけですませ、 いきなり同月3日を新年の元日としてしまったので皆が戸惑い、 以降も季節的になかなか新暦に馴染めなかった。
▼中高年に懐かしい 「年の初めのためしとて」 という歌。 明治26年に 「祝祭日唱歌」 に定められたが、 題名が何故、 歌詞にはない 「一月一日(いちげついちじつ)」 なのか。 筆者は長年不思議に思っていたが、 この本で疑問が解けた。
▼つまり、 祝賀行事のために登校してきた生徒に 「旧暦ではなく今日、 新暦の1月1日こそが年の初めなんだ」と、国をあげて強調したかったらしい。 明治20年代になってもそうしなければならない程に、 太陽暦は官庁と学校の暦にとどまっていたわけだ。
▼因みに作詞は当時文部省局長だった千家尊福(せんげたかとみ)、 作曲したのは宮内省楽師 (後に楽長) で東京音楽学校教授の上真行(うえさねみち)。 この人は、 小紙の前東京駐在嘱託記者、 丹波出身の上高子さんの夫君の祖父である。 (E)

丹波新聞 丹波春秋より(コラム)2015年02月19日