戻る喜び 抱える不安 丹波市豪雨から半年

災害後、 互いに励まし合うなど、 住民どうしがコミュニケーションを密に取ったことで生まれたきずなが、 「戻りたい」 につながったと振り返る。


昨年8月16日から翌17日未明にかけて、 丹波市を襲った豪雨災害から半年を迎える。 この半年、 被災者は何を考え、 どのように過ごしたのか。 被害が大きかった市島町谷上の自治会長、 葛野義広さん (64) にこの半年を振り返ってもらい、 心境や抱えている不安について話を聞いた。 また、 災害ボランティアの状況や復旧の進み具合など、 被災地が置かれている現状を取材した。

続き 丹波新聞 2015年02月15日