香川の冬に「まんばのけんちゃん」 野菜不足補う家庭の味

「まんばのけんちゃん」。まるで隣町のわんぱく少年の呼び名のようだが、これはれっきとした香川県の郷土料理。

高菜を使った家庭料理で、冬の緑黄色野菜不足を補う。地元では学校給食でもおなじみだ。なんとも不思議な響きを持つ讃岐の冬の味覚、まんばのけんちゃんとは――。

「まんば」は万葉の字を当てる。高菜の一種、三池高菜の香川での呼び名だ。香川県の西部、西讃地区では「ひゃっか」と呼ばれるが、これは一説には百貫がなまったものとされる。一部地域では千葉(せんば)とも呼ぶという。
万葉、千葉、百貫とも、「たくさん葉を付ける」「取っても、次から次へと葉が出てくる」といった意味。緑色の大きな葉で、冬の冷気や霜にあたっているうちに、葉が紫に変色し、食べごろを迎える。
一方、けんちゃんとは豆腐や油揚げを野菜と一緒に炒めた精進料理、けんちんの讃岐なまりとされる。つまり、人のニックネームのような「まんばのけんちゃん」とは「高菜を使ったけんちん料理」だ。この呼び名は高松市や高松より東側の東讃地方で使われる。

続き 日本経済新聞社 ライフ「おでかけナビ」