夏風邪やカダフィ十兆草刈り千円

雑草の海でふと想うs-DSC_kuromame118261.jpg

  今朝、気になっていた丹波カルデンの草刈りにいった。先日の大雨で大きく伸びた黒豆が倒れている。周りの草を抜くと黒豆の根元がぐらつくので、草刈り機で黒豆の周囲を大雑把に刈りこんだ。この1週間ほど、雨のおかげで少し秋の気配がしていたが、なんのその!
 日が照りだした畑のなかは蒸し風呂だ。2時間ほどやって頭も足元もくらくら。1週間前にひいた鼻風邪が治りきっていないので息切れもする。畑s-DSC_azuki11826.jpgの休憩所でシャツを脱ぎ、裸で風を受ける。空にはまだ夏の入道雲。
 黒豆のとなりの畑には、草まみれのなかに大納言小豆が順調に育っている。この小豆畑は、不耕起栽培、別名、横着栽培。スイートコーンを伐り倒したあと、その根元に小豆の種を押しこんだ。草除けのマルチもそのまま活かしているが、それでも雑草の勢いはすごい。肥料のきいた雑草の海を眺めながら、もうろうとする頭にふと浮かんだ言葉(川柳?)は、
 夏風邪やカダフィ十兆草刈り千円
この後、家の近くの土手の草刈りもする予定だったが、その気力電源がプツンと切れた。(2011.8.26  平野)