トン6000円で買い取り 住民で伐採、搬出 木の駅プロジェクト

地域住民やグループが山から伐り出した木を買い取り、 薪や材木、 木工品として地域に循環させる仕組みを作る

事業を行うNPO法人 「丹波グリーンパートナー」 (能口秀一理事長) の設立総会が12月16日、 氷上住民センターで行われた。 県の法人認可を取得後、 来年4月から活動が本格化する。 8月の豪雨で土砂が崩れ、 甚大な被害を受けた市島町前山地区をまずモデル地域とする考えで、 災害からの復興も兼ね、 循環型の地域づくりを広げる。
伐り出した木を、 同法人が運営するストックヤード 「木の駅」 に搬出すれば、トンあたり6000円 (予定) で買い取る。 森林所有者への還元分を買取額に少しでも上乗せできないか検討中。
初年度は、 前山地区と青垣地域内に 「木の駅」 を整備する予定で、 将来はさらに増やす意向。 搬入された材で薪を作り、 農業用ハウスなど薪ボイラーの設置が可能な事業所に働きかけたり、 一般家庭に薪ストーブを普及させるなど、 薪の販路開拓に努める。
建築や加工用材になる良質な木は、 製材所や加工業者へのルートを作ることで、 6000円より高く買い取ることも可能。 このため、 木を伐る人が良質な立木を見分け、 用途に応じた規格で搬出できるようにアドバイスもする。 チェーンソーの安全講習会も開く。 木を伐り出して整備された里山を環境教育に活用したり、 薪ボイラーのハウスで野菜を栽培する農家を支援するなど、 森林との関わり方を考えるサポートをする=図参照。

続き 丹波新聞 2014年12月21日

コメント:伐採した木を買いとるというだけでは普及が難しいと思うが、トータルコーディネイトの仕組みがいいね!