11月24日は「和食の日」、食の文化を次世代へ

24日は勤労感謝の日の振替休日ですが、もう1つ意味があるのをご存じでしょうか?「11、24」で「いい日本食」、つまり和食の日なのです。

和食は、去年ユネスコの無形文化遺産に登録されましたが、伝統的な食文化を若い次の世代に伝えようという試みが行われました。

 今年も残すところ1か月あまり。24日、都内で開かれた料理教室。親子でつくっているのは、おせちです。正月も近いので、おせち?それもありますが、実は別の理由もあるのです。11月24日は「和食の日」。去年、「いい日本食」の日が「和食の日」として認定され、その10日後には、和食が日本人の伝統的食文化として、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

続き TBS Newsi.