農作物被害2.7億円 30%以上の被害 小豆は市全体の2割

8月16日丹波市豪雨災害の農作物被害が確定した。 30%以上の被害を受けたほ場の被害額は市内全域で2億7429万円に達した。

 最も被害が大きいのが水稲で1億6569万円。 市内の水田2925㌶の5・9%が被害を受けた。 最も被害が大きかった市島地域は100%被害の水田が50・2㌶に達した。 市島を除く市全域は27・6㌶。
特産の丹波大納言小豆は市の耕作面積295㌶の20・6%が被害に。 冠水によって根が弱ったのが原因で、 生育不良や枯れが生じている。

続き 丹波新聞 2014年09月28日