徳島県:地産地消の料理開発へ 美馬市など、雑穀やジビエを観光宿泊施設で提供

美馬市と市内の宿泊施設、観光団体などが、地産地消メニューの開発に乗り出した。

山間部で栽培されるヒエやキビなどの雑穀と、害獣駆除で得られるシカ肉やイノシシ肉などのジビエに着目。関係者でつくる検討委員会が来年1月をめどにレシピを完成させ、山の幸に恵まれた美馬市ならではのご当地グルメとして売り出す。

料理はブルーヴィラあなぶき(穴吹町)つるぎの湯・大桜(木屋平)などの公共観光宿泊施設で提供し、民間飲食店にも参加を呼び掛ける。

続き 徳島新聞   2014/9/12